手軽にほくろ治療を受けよう|優良医院の見つけ方をリサーチ

男性

顔のホクロが気になる場合

医師

まっさらな肌を手に入れる

シミ一つない肌は、女性にとって永遠のあこがれともいえましょう。しかし、年を取るごとに気になることは増えてきます。その気になることの一つがほくろです。生まれつきのほくろもありますが、加齢や紫外線の影響により新しくできたり、大きくなったり色が濃くなったりして、今まで気にならなかった場所が気になるといったケースが出てきます。そもそもほくろはメラニンが皮膚に集中してできるものです。いくつか種類があり、皮膚の表面にメラニンが集中したほくろ、メラノサイトが幾層にも重なってできた色素性母斑と呼ばれるもの、また後天的に増えてくる老人性色素斑というものがあります。ほくろが作られる原因としては、紫外線・肌への刺激・寝不足・ストレス・妊娠・食生活の偏りがあります。紫外線によってメラノサイトが活発化することや、ストレスでメラニンの排泄が正常に機能しなくなることによってできるといわれています。ほくろの治療としては、民間療法としてもぐさや除去クリーム、苛性ソーダを使う方法や病院・クリニックで手術、レーザー等の治療を受ける方法があります。最近はネットで除去クリームなども手軽に購入できるようになっていますが、こうした民間治療では失敗した場合、自己責任の扱いになってしまいますので、顔など目立つ場所にある場合は、ちゃんとした病院やクリニックに通うことをお勧めします。病院でも治療もいくつかあります。ほくろの深さや治療に時間がかけられない、傷跡を残したくないといったご本人の希望によって、どの治療を行うか選択するとよいでしょう。代表的なものには、炭酸ガスレーザーやQスイッチレーザー、メスでくりぬいて切除する方法があります。レーザーは傷跡が残らず、また治療の痛みも少ないのですが、治療に時間がかかる場合、また再発する可能性があるというデメリットもあります。一方、メスを使った手術は治療が短期間で終わり、ほくろも取り切れるメリットもありますが、ある程度深くくりぬくことや、専門機関にかかる必要があるといったことには注意すべきでしょう。気になるお値段ですが、大きさや深さによって異なりますので、通う先で確認するようにしましょう。手術をする場合は保険の利くケースが多いですので、あらかじめ確認しておくとよいです。また、ほくろに見えていたけれど、本当は皮膚がんだったというケースもみられます。ほくろが気になる場合は、自己判断せずに一度専門機関に診てもらったほうがよいでしょう。